健康コラム

糖尿病とは?:糖尿病脱出プロジェクト(その1)

糖尿病とは、

何からの原因により、通常より血糖値高く、下がり辛くなる症状。長期的は、様々な合併症の原因になります。

糖尿病について
http://bit.ly/2BaFHcb

タイプ別に次の3つがあります。

糖尿病の3つのタイプ

・2型(インスリン非依存型) : 95%
・1型(自己免疫型/インスリン依存型): 全体の5%。
・1型(自己免疫型/緩徐(ゆっくり)進行型): 2型の約5%。

緩徐進行型1型糖尿病について
http://bit.ly/35zXeIL

皆さんにも参考になると思いますので、私と糖尿病のお付き合いについて、今後何回かに分けて共有をさせて頂きます。

その当時、私の食生活・生活習慣はめちゃくちゃで、体重は96kgと典型的な中年オヤジの体型でした。

半年前に受けた人間ドックの血液検査では、少し、数値が高い程度で特に指摘事項が無かったと記憶しています。

2007年1月(39才)に異様な喉の渇きと、頻尿、体重の減少から、近所の病院で受診する事になりました。

その結果、食後血糖値333mg/dl, ヘモグロビンa1cが12%と判明、二型糖尿病と診断されます。

食事のコントロールを学ぶ為、7日間入院をしましたが、血糖値は乱高下を繰り返し、とても不安な気持ちになりました。

入院中は、1日1,600Kcalで計算された3食の食事、インスリン注射、投薬でした。

退院し、別の糖尿病専門クリニックで血液検査をしたところ、抗GAD抗体値が400(通常1.5未満)と高く、緩徐進行型1型糖尿病と判明。

薬を飲んでいても、その後も良くなったり、悪くなったりを繰り返します。

直感的に何かがおかしいと感じ、書店で国内・海外の糖尿病関連の書籍を買って読み漁りました。

そして、その結果、

血糖値を上げるのは、糖質(炭水化物-食物繊維)のみという事実を知る事になります。

摂取する糖質を少な目にすることで、血糖値のコントロールがとてもうまくいく様になって行きました。

なぜ、お医者さん、栄養士さんは、こんなシンプルで効果のある事を教えてくれなかったのでしょうか?

日本の医師は医療についてはエキスパートですが、健康を創る上で最も大切な食事・栄養の事を医師の教育の中で学ぶ機会が少ない現状があるとお聞きします。

アメリカ・ヨーロッパでは栄養学を学ぶ事は基本だと聞きますが、2017年7月の日本がんコンベンションで講演を務めた、トニー・ヒメネス医師の話によると、アメリカも、日本とあまり大差が無いとの事でした。

日本の栄養士が学ぶのは、古いカロリーベースの栄養学になります。

他の先進国で一般的になっている新しい栄養学を学ぶ人は少数派です。

患者の血液検査の数値や生活習慣を把握しないまま食事指導をしている場合もあります。

私を含め、患者側にも問題があると思います。今までは、具合が悪いと取りあえずクリニックに行き薬をもらって飲んでいました(健康保険の弊害)。薬に頼り、大切な食事・生活習慣を変える事をしませんでした。

自分の健康は、人任せにせず、自分で責任を持つ事が大切だと気付かされました。

おかしいと思ったら、自分でもしっかり調べる。

自分が糖尿病になった事がキッカケとなり、食・栄養について、徹底的に学ぼうと決意をしました。

(次号に続く)

【本記事のライター】

健康指導師/ヘルスコーチ 水澤 健一
HP    http://www.kenko-shido.jp/
FB          https://www.facebook.com/kenko.rich
健康リッチ®プロジェクト無料メルマガ登録ページ
http://kenko-shido.jp/kenko-melmaga/

健康カレッジでは

11月23日(土)に強会を開催します

『冬をホットに乗り切る!カサカサ冬の予防法』

詳細とお申し込みはこちから

https://peraichi.com/landing_pages/view/benkyo11

糖尿病脱出プロジェクト 記事一覧

糖尿病とは?:糖尿病脱出プロジェクト(その1)糖尿病とは、 何からの原因により、通常より血糖値高く、下がり辛くなる症状。長期的は、様々な合併症の原因になります。 糖尿病に...
がんのエサは糖質?:糖尿病脱出プロジェクト(その2)皆さんは糖尿病の人は「がん」になるリスクが高いのをご存知でしょうか? 糖尿病があるとがんにかかるリスクが男性では1.27倍、女性で...
ある書籍との出会いによって、血糖値のコントロールが出来る様になりました!:糖尿病脱出プロジェクト(その3)糖尿病とは?(糖尿病脱出プロジェクトその1)で、 「薬を飲んでいても、その後も良くなったり、悪くなったりを繰り返します。 直感的に何...
血糖値のコントロール方法:糖尿病脱出プロジェクト(その4) 糖尿病の原因は以下の様なものが挙げられます。 炭水化物の大量摂取 (例、外食で毎回大盛りを注文) 醸造酒の大量摂取 ...
自己血糖測定器について:糖尿病脱出プロジェクト(その5) 糖尿病について(その4)では、 「あともう一つ、重要かつ効果的なコツとして、 自己血糖測定器で、食前、食後(1,2時間後)の血糖...
30分のウォーキングでどの位血糖値が下がるか実験してみました!:糖尿病脱出プロジェクト(その6)こんにちは!ヘルスコーチの水澤健一です。 朝晩寒くなって来ましたが、皆さんはいかがお過ごしですか? さて、糖尿人歴12年、最初は...
ABOUT ME
水澤健一
水澤健一
健康指導師・ヘルスコーチ。39歳で緩徐進行型一型糖尿病発症をキッカケに食習慣・生活習慣を改善し、25kg減量に成功。
薬・インスリンが不要になる。食事と軽い運動で12年間症状のコントロールを継続中です。
生活習慣病予備軍に特化したヘルスコーチングを行う。
健康カレッジのメンバーになりませんか?

健康カレッジメンバーの特典

  1. メンバー価格で、勉強会&ランチ会に参加できます
  2. 毎週開催のZoomなんでもグループ質問会に参加できます
  3. メンバー専用サイトで定例勉強会のビデオor音声・スライドから繰り返し学べます
  4. メンバー専用サイトからヘルスコーチに個別で質問ができます
  5. 定例会やZoomでグループ相談・個別相談ができます